FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWE Japan Live "違和感"

Hello WWE Universe!
今日は6/29,30に行われたWWE Japan Live を観て思ったことを書かせてください!
30日土曜日の公演のみ参戦してきました!
何書くかメモしてたのに見つからない!(泣)
・手拍子文化
・チャントのずれ
・ベストワーカーはミズ
・駅から会場までの雰囲気はWMなみ
(だいぶ、個人の感情で書いています)
今回初めて日本公演を観たのですが、違和感をたくさん感じました。
前提に、過去にアメリカで3度公演を観てきました。(PPV WM,TV RAW, House show)
・手拍子文化
技が決まった時の拍手...日本のプロレスを見慣れていないからか違和感しかありませんでした。
乗り切らず、やりずらそうとも感じてしまいました。
良し・悪しではなく、プロレスとは言っても文化は全然違い、
WWE Japan Liveは本家WWEとは別物と考えた方が良い気がしました。
・チャントのずれ
ニアフォール後のカウントや、だんだんカウントを上げて行くところ、チョップの時のWooooなどなど
チャントをしなかったり、してもずれていたりで会場の一体感を感じられませんでした...
これは、会場の一体感(レスラーとファンが作り上げるショー)が
WWE/プロレスを好きになったきっかけ・魅力の一つだからこそ、感じたのかもしれませんが、
会場が一つになったときには鳥肌ものです!
・ベストワーカーはミズ
マイクパフォーマンスが封じられているに近い日本公演。
ミズの最高の見せ場のマイクパフォーマンスも封じられながらもカンフーもどきやヒールワークで
会場を盛り上げ、ヒデオを持ち上げたミズがベストパフォーマーかなと感じました。
メインイベントはAJ, ジョー,ブライアンと最高の豪華さでしたが日本慣れしているからこそやりやすそうですね。
と、思ったことを書かせていただきましたが、今回の日本公演でWWEに対する熱を取り戻しましたので、
これからもよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。